自信がない…緊張してしまう。男子高校生に緊張を和らげる方法を伝授

ようこそタマーニの館へ
あら、いらっしゃい。
タマーニの館へ、
ようこそいらっしゃいました。

それでは今日も、迷える子羊のお悩みを解決していきたいと思います。

今日のお悩みはこちら

自信を持てるようにするにはどうしたらいいのか。

男の子

自分に自信が持てません。
自信を持てるようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

僕は学校行事でも、陸上の大会でも、自分に自信が持てず緊張してしまいます。

緊張のあまり震えてしまってうまく話せない、体が硬直して動けないなど、マイナスな事が多いんです。

タマーニ様、緊張をしないようになるにはどうしたら良いでしょうか。

by ボー(16歳)

ご相談へのお答え

キン・タマーニ(透過)
はい、ということでご相談ありがとうございました。

緊張をしてしまう。のをどうすればいいかでございますね。

緊張はキモチの問題

緊張はキモチの問題

そうですね、よく手に「人」という文字を書いて飲み込むといいという話もありますけど、あれには人に飲み込まれず、逆に人を飲み込むという意味があるんです。

まぁ緊張は文字通りキモチの問題なのでね、そういう気合いでいけとそういうこと。

それから「それをしたことで緊張をしない」という暗示を自分に掛けることで、プラシーボ効果みたいなものが生まれるんです。

ですから、緊張というのは心の問題。
でも、身体をこわばらせる効果もある。汗をかいたりね。

なぜ、緊張するのかといえば、野生の世界を思い出してみるとわかりやすいんですが、ほら、サバンナで草食動物が、肉食動物ににらまれたら緊張して動かなくなるでしょう?

蛇に睨まれた蛙っていう表現もあるけど、強いものににらまれると動物はみな身体が硬直したり汗がでたりする。ボーさんと同じね。あれは、危険を察知して逃げる体制を整えるために本能的になるものなの。敵がすぐそこにいるのにふらふらしてたら食べられてしまうから、キリッと気持ちを切り替えるためになるの。

まぁ逃げ切れるかどうかは運しだいなんだけど・・・だからね、緊張というのは言ってしまえば警戒態勢。なぜそれが天敵のいない人間という動物で起きてしまうかといえば、「恐れ」があるからよね。何か未知のものに対しての恐れ、失敗したらどうしようっという恐れ。

その恐れが緊張となり、緊張によって体が硬直し、汗をかき場合によっては正しい判断ができなくなってしまう。

リラックス状態が一番良い状態

リラックス状態が一番良い状態

リラックスしている時が一番、アイディアが出てくるのが人間なのよ。
トイレとかお風呂でアイディアが生まれやすいのはそれが理由。

だから緊張しているときよりも、リラックスしているときの方が人はいいパフォーマンスが出せるの。じゃ、どうすればその緊張を取り除けるのか、もしくは和らげる方法をね、これからお伝えしていきたいと思います。

まず、緊張の元となる「恐れ」。人はなぜ恐れるのかということなんだけど、それは未知に対して怖いという感情が強く感じるからなんです。それなら慣れてしまうことが一番手っ取り早いですよね。

人前で話すのが緊張するという人は、何度もそれを経験することでリラックスして話せるようになるし、成功体験を積むことで、緊張よりもワクワクの方が強くなるという場合もあります。でも、そんなに何度も人前には出ないし、一度きりしかないスポーツの試合ではどうすればいいのか。これはプロのスポーツ選手もみなやってることなんだけれど、シミュレーションをするのね。

何度も何度も・・・野球選手なら、自分がバッターボックスに立ってピッチャーが投げた球を上手に打ち返す。このイメージを、何度も何度も何度も脳の中でリピートさせるの。良いイメージを膨らませる。ど真ん中ストレートをバットに当ててホームランを打つとか、ボール球をしっかり見逃すとか。

サッカーならPKやセンターリングのイメージトレーニングをしたり、水泳ならスタートやターンのイメージかしらね。陸上競技だったら、バトンパスとかスタート、それぞれ一番インパクト(力を入れる大事な瞬間)を脳内でリピートするの。

そうすることで実際には経験してないんだけど、脳は何度か経験したと錯覚をする。それで緊張を和らげることができるの。

とはいえ、実際にやっていない事をね、上手にやれっていうのはムリだから。やっぱり反復練習を繰り返すの、何度も何度も。

それによってもだいぶ緊張は和らげることができるし、リラックスした状態で本番にのぞめるわ。

本番の練習をする。練習の練習ではダメ

本番の練習をする。練習の練習ではダメ

だからね、練習も毎回本番だと思って真剣にやることが必要。

「これは練習だ。」と思いながらやっていると、練習の練習?になっちゃうからね。練習とシミュレーションは、イメージトレーニングだから、試合や本番を想定して繰り返し繰り返しやってください。まぁそれでも緊張する人はするからね、やっぱり何度も経験することが大事よ。

それから、例えばジャニーズみたいに数10万人という人の前で踊ったり、歌ったりしている人たちがね100人200人の前で話したり歌ったりするのはそれほど緊張しないはずよね?でも、普段から多くて10人ぐらいの人しか周りにいない人なら、100人200人の前で話すと緊張してしまうわよね。それこそ10万人の前で…なんて言われたら、もうおかしくなっちゃう。

でも、一度でも1万人の前で話したことがある人なら、10人の前で話すのは造作もないことだったり。つまり、ボーくんが普段何人の前でお話しているのかはわからないけど、クラスなら50人?全校生徒なら数100人かしらね?それを経験していることで、実はそれより少ない人の前で話すことに対しては、緊張しなくなっているはずなの。

そうやって、人は日々慣れたり成長をしているのよ。

だから緊張している時にはね「あ、いま成長しているな」ってポジティブに考えるのもいいかもしれません。もっと大きな舞台に立ったことがあるなら、その時のことを思い出して「あれに比べれば余裕だな」と思い込むのもありね。

緊張をしなくなる方法

緊張をしなくなる方法

・場数を踏む
・イメージトレーニング
・反復練習
・より大きな舞台に立つ

この4つを心掛けていれば、緊張は少しずつ和らいで大勢の人の前でもリラックスできるようになるでしょう。

「緊張する」と「自信が持てない」っていう今回の2つのお悩みについてだけどね。自信が持てれば緊張もしなくなりますので、まずはご自身に自信を持つために色々な経験を積み上げていってください。

「緊張」も「自信」も、結局のところ自分の「心の問題」ですから、いつも気弱な気持ちでいたらいつまでも良くならないから、「こんなもの間違ったって、ミスったてどぉってーことはない。死にゃしないんだから! 恥ずかしいことぐらい大したことはない、死ぬこと以外はかすり傷だ」ってね、強い気持ちを持つことができれば、練習なんてしなくても緊張はしなくなりますから、心を強く持って生活してみてください。

≪それでは今回はこれにて。≫
動画で見る方はこちら

タマーニの館へ

タマーニの館_ED

匿名での相談受付

⇩文字数制限あり(1000文字まで)⇩
大人気、匿名相談マシュマロで募集中

⇩1000文字以上の方はこちらへどうぞ⇩

    tamaninoyakata@gmail.com

※送り主の氏名やアドレスは公開しません。

SNSから相談する

⇩公式Twitter(フォロー歓迎)⇩
https://twitter.com/kin_Kintamani

⇩LINEオープンチャット版タマーニの館⇩
LINEでみんなに相談する

YouTubeチャンネル

⇩チャンネル登録お願いします⇩
タマーニの館 公式YouTubeチャンネル
※1日1人のご相談にお答えしてます。

Produced by タマーニの館

クリックお願いします
人気ブログランキングへ

投稿 自信がない…緊張してしまう。男子高校生に緊張を和らげる方法を伝授タマーニの館 に最初に表示されました。

Source: タマーニの館

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です